マイ・インターン:都会のおとぎ話

f:id:Martin-A:20180517202616j:plain

評価:3点(5点満点)

総評:

2015年のアメリカ映画。非常に見やすい映画と言えます。主人公をはじめ悪人や嫌な奴は一切出てきません。視聴者の心に刺さるようなきついシーンもなく、ストレスなく安心して最後まで見ることが出来る映画です。最後まで気持ちよく見ることが出来て、エンドロールで少し元気になる。そんな作品です。

物語としてはアン・ハサウェイ演じるIT企業の経営者ジュールズのもとに、社会貢献の一環として採用したシニア・インターンとしてロバート・デ・ニーロ演じるベンが訪れるところから始まり、昔堅気だが誠実なビジネスマンであるベンが如何にも今風のIT企業であるジュールズの会社と彼女自身をも変えてゆく、、、という、まあありがちな内容です。ベンの存在を外国人や子供、地方からの上京したてのお上りさんなどに置き換えれば過去に似たような話はいくらでもある内容と言えます。ベンが現代のIT企業の風土に戸惑うことなく早々に受け入れられるなど、中々にご都合主義的な部分も目立ち、ドラマとして深みも感じられる内容でもありません。どう考えても現実にはあり得ない、いわばおとぎ話です。ありがちな設定、ありがちな物語、波乱のない脚本。本来であればもっと評価は低くともおかしくない作品です。

それでも本作を低く評価する気になれないのはやはりデ・ニーロ演じるベンのキャラクターの魅力にあります。ブルックリンで生まれ育ち、電話帳会社を定年まで勤めあげ、身だしなみに気を遣い、仕事に熱心で誠実な、いかにもニューヨーク風の紳士。正にニューヨーク生まれである(デ・ニーロはグリニッジ・ヴィレッジ出身ですが)彼のためにあるような役柄であるベンを、デ・ニーロが魅力たっぷりに演じています。過去の作品の数々で演じた役柄に比べれば、その演技力が際立つキャラクターではないものの、当時72歳のデ・ニーロだからこそ演じられる誠実さと温かみのあるベンのキャラクターが本作の一番の魅力であると言えます。

映画に限らず小説や漫画、演劇でも多くの作品で踏襲されるパターンやテンプレートがあり、ハリウッドでヒットするような映画には、多かれ少なかれそれらの類型に当てはまるものです。逆に言えば「今まで見たこともないようなお話」と言うのは本当にまれで、特に歳を重ねてそれなりの数の作品に触れたことがある人であれば、どうしても「この話は~に似ているな」と感じるものです。それを分かっている製作者であれば、すでに似たような話が氾濫する中で作品の魅力をどこに置き、観客に対して訴求するのかを考えているはずで、以前感想を書いた『レザボア・ドッグス』であれば物語の構成であり、本作であればベンのキャラクターとそのキャスティングにあると言えるでしょう。デ・ニーロ演じる地味だがカッコいい爺さんを見るだけでも価値がある映画です。

レザボア・ドッグス:構成の妙

f:id:Martin-A:20180514210349j:plain

評価:4点(5点満点中)

総評:

92年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノ監督の初監督作品であり、本作の高評価を切っ掛けに、次作『パルプ・フィクション』で一躍スター監督の仲間入りを果たすことになります。また、日本におけるインディペンデント系映画の認知度が広がる嚆矢となった一本でもあります。

本作の魅力は何と言ってもその構成の巧みさにあると思います。映画の粗筋自体はむしろありがちな犯罪ものであり、物語そのものにそれほどユニークな点があるものではありません。ダイヤモンド強盗の為に集められた、互いに素性も知らない5人の犯罪者。その破滅的な顛末が描かれた本作ですが、その特徴は時系列を前後させた進行と、複数の視点を絡めた群像劇にあります。

単純に時系列を過去から追うのではなく、ダイヤモンド強盗の直前・直後から映画が始まり、警察の待ち伏せを受けた主人公達は追い詰められ、疑心暗鬼に陥ります。そしてそれを追うように3人のキャラクターが強盗計画に加わるまでの経緯が挿入されます。最初に起承転結の「転」を描き、「なぜこんなことになったのか?」を過去の時系列を絡めて描くことで、観客の関心を引き付けるこの手法は次作『パルプフィクション』でさらに洗練された形に結実しますが、本作でも十分に効果を発揮しています。本作は1時間40分程の上映時間ですが、単純な物語ながら飽きさせることなく「この後どうなってしまうのか?」、起承転結の「結」に向かって物語は転がり落ちていきます。この流れは今観ても良くできています。本作が初監督作品とはとても思えないほどです。

破滅に向かうギャングたちを演じる俳優陣も素晴らしく、ハーヴェイ・カイテルをはじめ、一癖も二癖もある個性派の俳優たちが存分にその魅力を発揮しています。どちらかと言えばみなバイ・プレーヤーの印象が強い役者ばかりですが、本作の群像劇的な手法と、「寄せ集めの強盗チーム」という成り立ちを考えてもベストキャスティングであると言えます。

本作はもう25年以上も前の映画ですが、今観ても古臭さは感じず、魅力は薄れていません。それはつまり、先述した「ダイヤモンド強盗の為に集められた、互いに素性も知らない5人の犯罪者。その破滅的な顛末」という、いわばテンプレート化した物語設定が時代性の呪縛から本作を開放し、タランティーノの優れた構成力を純粋に楽しむことが出来る作品だからでしょう。本作のにはスマホもe-mailmもフェイスブックもインスタグラムも登場しません。この時代になかったからではなく、物語に必要がないからです。その時代性の無さゆえに、10年後でも今と同じように楽しむことが出来るのではないかと思います。(でも冒頭の会話がマドンナのヒット曲について、と言うのはさすがに今の若い人には分からないでしょうね)

 

ワンス アポン ア タイム イン アメリカ:長所と短所がそれぞれ際立つ作品

f:id:Martin-A:20180508125912j:plain

評価:2.5(5点満点中)

総評

久々に見ましたが、やはり評価の難しい作品です。セルジオ・レオーネの遺作となった本作ですが、可もなく不可もない駄作でもなく、かといって非の打ちどころのない傑作とも言い難い。好きか嫌いかで言えば好きの範疇に入る作品なのですが、評価しようとするとどうにも粗が気になってしょうがない。そんな作品です。良い点は本当に琴線に響くのですが、作品としての瑕疵(と私が考える部分)は無視することも難しい。はっきり言えば好みに合わない人にとっては評価のしどころのない作品と言っても過言は無いでしょう。

本作の良い点、悪い点をそれぞれ挙げると、

【良い点】

①エンリオ・モリコーネの音楽

エンリオ・モリコーネという作曲家は非常に器用な人で、多彩なジャンルの映画に対して楽曲を提供していますが、やはり人のノスタルジーを惹起する抒情的な曲を書かせると素晴らしく良い仕事をします(『ニュー・シネマパラダイス』や『海の上のピアニスト』などもそうですね)。本作も劇中の音楽が素晴らしく、3つの時代を交錯する物語において、特に老年に差し掛かった主人公の心情を切ないまでに演出します。しかしこれだけ「聞きやすい」と感じさせる楽曲で、なおかつモリコーネの楽曲であることを一聴しただけで分からせてしまう個性というのは作曲家としてはつくづく稀有の才能と思わざるを得ません。

②俳優陣の演技

主演であるヌードルスを演じたロバート・デ・ニーロはもちろんのこと、その相手役であるマックスを演じたジェームズ・ウッズが素晴らしいです。親友でありライバルであり商売仲間であり,,,,対極的な生き方でありながらも確かな絆を感じさせる複雑な関係を見事に演じています。デ・ニーロの芸達者振りは今更言うまでもありませんが、アクション映画のイメージが強いウッズの、デ・ニーロにも引けを取らないその好演がむしろ光る作品と言えます。

【悪い点】

※本作のネタバレを一部含みます

①整合性不足の脚本

②説明不足の演出

本作はヌードルスとマックスの関係を軸に、一種のミステリー要素を絡めた物語なのですが、その整合性がどうにもちぐはぐで、納得感が得られないのです。一例を挙げると、

・物語の冒頭でヌードルスは誰に追われていたのか?なぜ追われていたのか?

・同様にファット・モーが拷問を受けていた理由は何か?

・マックスはヌードルスをなぜ裏切ったのか?

・マックスはパッツィとコックアイも裏切っていたのか?

など、視聴後に腑に落ちない点が多々残ります。結局のところマックスと言うキャラクターの背景設定や動機付けが全くできていないので、クライマックスで明かされる彼の過去の行為に説得力が感じられないのですね。脚本や演出で捕捉できていれば良いのですが、むしろ終盤のマックスの登場に向けた意図的なミスリードを仕向ける演出(「いかれてる」との言葉への過剰反応、父親が精神を病んだことへの言及)のため、かえって脚本の分かり難さが増している気がします。個人的には登場人物の動機や物語の背景を過剰に説明する作品は好みではないのですが、さすがに本作は省略のし過ぎではないかと感じます。端的に言えば脚本と演出が伏線の仕込みに失敗した作品と評価せざるを得ません。

③上映時間の長さ

4時間弱という本作の上映時間はやはり長すぎです。本作では少年期/青年期/老年期の3つの時代軸が交錯するシナリオ構成となっていますが、少年期と青年期のエピソードが長すぎてどうにも中だるみする印象がぬぐえません。また、これだけの時間をかけながら、上記①、②で挙げた問題点を解決できなかったという点はやはり見逃せません。4時間近い時間を取るのであれば、もっと自然に物語上必要な伏線、特にマックスの行動に対する動機付けや背景を仕込むことは出来たのではないかと思います。それが出来なかったがため、本作は物語に対する納得感(カタルシスと言っても良い)が非常に薄い仕上がりとなったと感じました。

 

以上となります。

演技や音楽については満点に近く、脚本と演出は赤点という評価にならざるを得ません。最終盤のごみ収集車やエンドロールで見せるデ・ニーロの意味ありげな笑み(凄い表情!)といった演出も、正直上滑りしている感が否めません。本作は米国上映時に時系列を編集された、という点がよく否定的に語られるのですが、改めて視聴すると、なんだか配給会社側の気持ちも分からなくもない気分になりました。

原尻の滝

雲一つない晴天が続くのでバイクに乗りたくなり、またツーリングに出かけました。

行き先は原尻の滝。福岡の自宅からは4時間ほどの距離です。

別名「東洋のナイアガラ」。実際に見るのは初めてなので楽しみです。当日も気持ちの良い絶好のツーリング日和です。途中松原ダムや久住高原を通過しましたが、晴天に景観が映えて実に気持ちよく走れました。この日田街道~旧小国街道の道は何度も走っていますが、平日ですと車も少なく、適度なワインディングもあるため非常に快適なツーリングコースです。

原尻の滝に到着しました。

接写した写真で見るとそうでもないのですが、実際に見ると規模はそれほど大きな滝ではないです。実のところ知人からも「東洋のナイアガラってのは名前負けだ」と言うことは聞いていたのでがっかりはしませんが、さすがにナイアガラは無いよなと思います。上の2枚を見るとなかなか秘境感のある風景なのですが、少し引いた感じで撮ると

こんな感じですぐ近くに道の駅があり、また道路からも非常に近い位置にあります。(下の写真のすぐ右が原尻の滝です)

周囲は畑や民家に囲まれているので、むしろ原尻の滝が一種の異景のようにはめ込まれているようにも感じられます。これほど人跡の近くに幅広の滝が見える風景と言うのは逆に他には無いかもしれませんね。

滝の長さは20~30mと言うところで本家ナイアガラに比べるべくもないのですが、写真の上手な方が人跡の入らないカットで撮影するとなかなか凄い写真が撮れるのではないかと思います。

道の駅の近くにはつり橋がかかっています。

つり橋から撮影。

川まで下りて近距離で滝を見ることも可能です。

何故か川の中に建てられた鳥居。

水車の回る茶屋。

当日はチューリップフェスタの最終日でしたが、花はほとんどしぼんでいました。残念。でも人出はありましたね。平日だというのに道の駅の駐車場は満杯でした。

菜の花はぎりぎり間に合った感じです。

キリンビールを愛飲しましょう!」というのが面白かったので思わず撮影。

帰りには道の駅おおやまに併設された「想夫恋」で日田焼きそばを食べました。GW後にまたどこかへ出かけるつもりです。

 

ブラック・フラッグス 「イスラム国」台頭の軌跡:混迷の中東、その道程とは

f:id:Martin-A:20180414152531j:plain

ブラック・フラッグス 「イスラム国」台頭の軌跡』を読了。著者のジョビー・ウォリックは本書で2016年のピュリツァー賞を受賞しています。

2018年現在ではその勢力範囲の大部分を失った「ISIL」ですが、一時はシリア・イラクにまたがる広大な領域を占有し、国家樹立を宣言するにまで至りました。本書はその背景と過程をたどったノンフィクションです。

上・下巻合わせて500頁近い本書の3分の2は主にヨルダン出身のテロリストであるアブー・ムサブ・アッ₌ザルカウィの活動の軌跡を追うことに費やされます。それは2001年のアメリカ同時多発テロに端を発し、イラク戦争やその後の混乱、更には「アラブの春」を経て中東地域が混迷を深める中で台頭した「ISIL」誕生の源流が、ザルカウィの組織した「イラクのアル₌カーイダ」にあるためです。

世俗的な独裁政権であったフセイン政権がイラク戦争により崩壊したのち、原理主義者の集団であるザルカウィの組織が如何に勢力を拡大することになったのかを本書は解説します。本書ではその理由を主にイラク戦争前後におけるアメリカ政府(イラク戦争当時のブッシュ政権)による政策の誤りにあると見ており、主に原理主義者の犯行である同時テロの延長線上にイラク戦争を置いたこと、本来水と油の関係である世俗主義フセイン政権と原理主義者のテロリストとの間の共謀関係に執着したこと、そして何よりイラク戦争後に旧政権下の官僚・軍人を大量に追放したことによるイラク統治の失敗をその原因とみなしています。

イラク戦争を契機とした世俗主義独裁政権の崩壊はその後の「アラブの春」へとつながり、結果的に中東の混迷を深め、原理主義テロリストは、アメリカの見通しに反しフセイン政権崩壊後にむしろその勢力を増し、その背景には政権を追放された多くの旧バース党出身の官僚・軍人の存在があると言われています。

結果としてフセイン政権崩壊後のイラクでは、スンニ派中心であったフセインバース党から多数派であるシーア派に政権が移り、不満・不安を抱えたスンニ派の間隙を突くようにザルカウィの一団が勢力を拡大することになります。

ザルカウィと彼の組織は組織としてその後のISILに直接つながるのみならず、ISILがその名を知らしめるに至った様々な組織運営の先駆でもあったようです。インターネット、SNSを通じた広報活動や、高度に組織化された組織運営などはその後のISILによる国家樹立に繋がるノウハウとして継承されているものだと本書で説明されています。

イラクのアル₌カーイダ」は無辜の民衆へのテロにより次第にその支持を失い、2006年にザルカウィが米国の爆撃により死亡したことで壊滅状態に陥りますが、その後継組織である「イラクイスラム国」とその指導者であるアブー・バクル・アル=バグダーディーが、今度は「アラブの春」におけるシリアの混乱状態に付け込む形で同国におけるその勢力を拡大し、また、シーア派イラク政権に対する不満を再び吸収する形で勢力を拡大し、2016年にISILの樹立を宣言することになります。

現在イスラム国はその勢力の大半を喪失した状態にありますが、本書を読めばISILの台頭を許した状況についてはその多くが解決されていないことがよく分かります。世俗主義独裁政権の後退、権力の空白に伴う混乱、イスラム宗派間の対立状況などどれも一朝一夕に解決するものではなく、今後も混迷した状況が続くものと予想されます。ならば独裁政権下での安定が良かったのか、と考えるとその不毛な2者択一に陰鬱な気持ちにならざるを得ません。

また、本書は主にザルカウィとバグダディによるISILへの軌跡を追ったものですが、両者と並び多くのページを割かれている、もう一人の主役と言うべき人物が登場します。それはヨルダン王国アブドゥッラー2世国王です。

アブドゥッラー2世 - Wikipedia

ザルカウィの出身地であり、イラク、シリアと国境を接する同国は常に原理主義の台頭に悩まされ、加えてアラブの春以降の中東における混乱の渦中にありますが、1999年に即位した国王がその後の20年弱をどれほどの苦闘の中で過ごしたのかが描かれています。

もともとは王位継承者ではなく(叔父である王太弟が継承者であった)、欧米で高等教育を受け、軍人としてキャリアを積んでいた彼が、図らずも王位を継ぐことになる点などは、シリアのアサド大統領とも類似点が多いのですが、片や現在最悪の独裁者となり、片や時代の混乱に立ち向かい、国家を安定させる指導者となるというこの対比は非常に印象的です。彼の存在が陰鬱になりかねない本書の一服の清涼剤となっているように思えます。アブドゥッラー2世国王は混乱の中、国を安定させた優れた指導者だと言えますが、同時に熱烈なトレッカー(『スター・トレック』マニア)であったり、外遊の際に航空機の操縦を自ら行うなど個性的なキャラクターが愛されており、1946年独立と若い国家ながら、王家への求心力を維持しているその手腕は高く評価されています。本書を読むとアブドゥッラー2世国王を思わず応援したくなります。それにしてもヨルダンとシリアの現状を見ると、危機における指導者の存在が如何に重要なものであるかを思い知らされます。その点については本書の隠れたポイントと言えるでしょう。

『Borderlands2』エンタメ指向のFPS+RPG

f:id:Martin-A:20180406131517j:plain

『Borderlands2』をクリアしました(1週目)。ジャンルとしてはFPSRPGと言ったところでしょうか?前作『Borderlands』も、次作にして本作の前日譚である『BorderLands The Pre-Sequel』も未プレイですが特に問題はありませんでした。前作をプレイしていればもっとストーリーを楽しめたかもしれません。

少し前にプレイした『S.T.A.L.K.E.R』がリアル指向のFPSであることと比較すると、本作はかなりエンタメ指向の作品と言えるでしょう。

プレイ面ではRPG要素があり、敵を倒したりミッションをこなすことにより得られる経験値により、ライフの上限が上がったり、様々なスキルを取得することで戦闘を有利に進めることが出来ます。また、武器の種類もピストル、AR、SMGSNRなどFPSおなじみの武器がそろっているだけではなく、炎や電撃と言った追加効果を持つ武器が用意されており、武器の種類と追加効果の組み合わせを考えて攻略を進めることが出来ます。

操作面でも腰だめでの射撃精度が高く、また、エイムアシストが効くので、敵に充てられない、と言うことがまずないですね(『S.T.A.L.K.E.R』はアシストがないので敵に充てるのもはじめは一苦労でしたし)。

プレイした感触としては『S.T.A.L.K.E.R』よりはかなりカジュアルに楽しめるFPSでした。

f:id:Martin-A:20180406132452j:plain

とは言うものの、FPSが得意ではない身としては決して簡単なゲームではなく、ミッションによっては何度も詰みかけました。プレイ時に難易度を選択することは出来ないので、とにかく十分にレベルを上げてミッションに挑まないと簡単に死にましたね。

敵味方のキャラクターの造形もかなりアクが強く、好みは分かれるでしょう。個人的には悪役であるHandsome Jackがいいキャラしてましたね。最後までとにかく救いのないクズっぷりを見せてくれました。好きですね、こういったキャラは。

レベル上げにサイドミッションをこなしながらのプレイでしたので、クリアまでには80時間ほどかかりました。

しばらく他のゲームをプレイしたら2週目に挑戦しましょうか。

f:id:Martin-A:20180406133025j:plain

御船山楽園へお花見

暖かくなりましたので、バイクで出かけてきました。

行き先は佐賀武雄の御船山楽園。紅葉の季節以来ですが、今回は桜が目当てです。福岡市内から2時間弱で行けるのでちょっとしたツーリングに良いのです。

予報ではちょうど満開の日でしたので、平日とはいえ人混みが予想されるので、開園時間の8:00に合わせて到着するように出発しました。まだ寒暖の差が激しく、朝は冷えるので三瀬峠越えが辛かった、、、、

御船山ではこの時期夜桜のライトアップが行われています。ちょうどライトアップの際に池に浮かべている神灯籠を回収していました。

桜は満開の予想でしたが、早朝だからかまだ九分咲きと言ったところでしたね。

御船山楽園は必ずしも桜がメインという庭園ではないので、桜は結構そこかしこに植えられているようで、密集していないせいか迫力は今一つといったところでした。(でも2000本近くの桜が植えられているそうです。)

それでも一部の桜が密集している場所はさすがにきれいでしたね。

花見台から見下ろすとこんな感じです。

茶屋の脇に植えられている桜もいい風情でした。

帰りはいつものように武雄温泉で温泉に入ってから帰宅しました。

武雄温泉の桜も満開でした。

今回のツーリングではウインドスクリーンを購入して装着後初の遠出だったのですが、すごく運転が楽になりますね。体の正面にかから風の圧力がかなり軽減されて運転が安定します。これからツーリングにはいい時期になりますのでますます捗りそうです。